知らないと損をする!結婚相談所に少しでも安く入会する方法【仕組みを理解して割引してもらおう】

結婚相談所は、今や安心・安全で、確実な出会いが出来ると女性は20代のうちからこぞって入会するくらい人気になっています。

男性は、結婚相談所の登録数の男女比で女性の方が多いため、他の婚活よりもモテると評判で、日々入会者も増え続けている結婚相談所ですが、唯一のデメリットとも言えるのが料金が高いという事です。

結婚相談所は身元保証のされた結婚の意思のある人と出会えるのは魅力的ですが、でも、まだどんな人に出会えるかもわからない中で高額な料金を払う事に躊躇するのも本音でしょう。

もし、安心出来て手厚いサービスのところに安く入会出来たら活動してみたいという人も多いはずです。

今回は、なぜ結婚相談所の料金が高くなるのか?また、どうにか安く結婚相談所に入会する事が出来ないか?と思っている方たちに向けて、結婚相談所を安く利用するための方法を伝授いたします。

結婚相談所の料金はなぜ高いのか?

結婚相談所でかかる金額は大まかに下記の3パターンがあります。

  • 初期費用(入会金、登録料など)
  • 活動にかかる費用(月会費、お見合い料など)
  • 退会時にかかる費用(成婚料など)

これら全てあるところから、月会費やお見合い料、成婚料はないというところもあり、それぞれですが、初期費用はたいていあります。

初期費用は業者によって異なりますが、10万円程度~40万円近くかかります。

大手結婚相談所の料金を表で比較

楽天オーネット
【プレミアプラン】
サンマリエ
【プラン20】
IBJメンバーズ
【プライムコース】
初期費用 106,000円 210,000円 380,000円
月会費 13,900円 16,000円 15,000円
お見合い料 0円 無料
※紹介からのお見合いは10,000円
0円
成婚料 0円 200,000円 200,000円
1年間活動した場合の料金 272,800円(税別)
初期費用:106,000円 + 月会費:13,900円×12ヶ月
【お見合いを10回した場合】
692,000円(税別)
初期費用:200,000円 + 月会費:16,000円×12ヶ月+お見合い料:100,000円̟+成婚料:200,000円
760,000円(税別)
初期費用:380,000円 + 月会費:15,000円×12ヶ月+成婚料:200,000円

この料金の違いは、会員数が多かったり、エリート会員が沢山在籍しているところだと思っている人も少なくありません。

高いお金を払って入会すれば良い出会いがあるのかな、と思っている方がいたらそれは間違いです。

次項で結婚相談所が高くなる理由を解説していきます。

結婚相談所の料金が高くなる3つの理由

結婚相談所は連盟に加盟して開業すれば、その結婚相談所の会員が1名だけだったとしても、連盟全体の会員が紹介出来るため、数万人のお相手候補を作る事が出来ます。

料金も結婚相談所側が連盟に支払う料金(主に加盟金と月会費)があり、さらにそこから経費を差し引いたものが利益となり、結婚相談所それぞれが自分たちで自由に決めています。

つまり、結婚相談所の料金は各結婚相談所による自由競争なのですが、料金が高くなる理由は以下の3つです。

  • 人件費
  • 店舗の維持費
  • 広告宣伝費

【人件費】

まず何と言っても結婚相談所の料金が高くなる理由として「人件費」が挙げられます。

結婚相談所がマッチングアプリなどと違っているのは、担当者が会員の方の入会手続きから成婚に至るまでのフォローをしている点でもあります。

個人経営の結婚相談所もありますが、従業員が複数人いる結婚相談所もあります。

「仲人型」と呼ばれる結婚相談所では、登録写真の同行アドバイスをしていたり、お見合いの日時設定などのセッティングもしています。

データマッチングだけではない、人が仲介するようなサービスでは担当出来る人数にも限りがあり、担当人数が増えてしまうと手厚いフォローが出来なくなります。

そのため、ある程度の従業員を確保したり、研修などを受けて貰うなどでもお金がかかっています。

【店舗の維持費】

個人経営の結婚相談所では、バーチャルオフィスやレンタルオフィスで開業している場合もありますが、多くの結婚相談所が実店舗を構えています。

結婚のサポートは個人情報やセンシティブな内容の相談もあるため、周りから話が聞こえるようなところでは安心して話も出来ないでしょう。

そのため、個室や仕切りがあるブースなどで面談をしているところが多いですが、店舗を構えれば、月々の家賃や光熱費などのお金がかかります。

仕事帰りなどにも寄りやすいターミナルとなるような場所の駅近くだったりすると、さらに家賃も高くなでしょう。

立地が良い結婚相談所であればその分、結婚相談所の料金も高くなります。

【広告宣伝費】

結婚相談所の料金が高くなる理由として、意外と侮れないのがその結婚相談所がかけている「広告宣伝費」です。

結婚相談所を開業してみたものの、その結婚相談所を知って貰わなければ経営が成り立ちません

大手の相談所が電車や駅の広告を出していたりしていますが、そういった広告には多額の広告宣伝費がかかっています。

インターネットでもリスティング広告と呼ばれるものや、アフィリエイトで広告をして、結婚相談所もお金をかけて広告をしています。

多額の広告をかけているところは、初期費用が高かったり、年間の活動費を先取りして、まずは広告費に充てているところが多い傾向です。

こちら結婚相談所の料金の違いや内訳」の記事でも詳しく解説しています。

エン婚活だけ安い

鋭い方はもうおわかりかと思いますが、結婚相談所に安く入会するには、料金が高くなる上記の3つを回避している結婚相談所を選べば良いのです。

たとえば、仲人さんが1人で経営、店舗は持たずカフェなどで面談、広告も知り合いからの紹介だけでやっているような結婚相談所であればコストが抑えられているので、安く入会出来る可能性があります。

ただ、結婚相談所の担当者は1人よりも複数いた方が良い場合もありますし、カフェなどの面談では人目が気になってしまう事もあります。

広告宣伝にお金をかけていなくて、口コミや紹介だけで成り立っている結婚相談所を見つけられればそれはラッキーですが、なかなかそういった結婚相談所を見つけるのは大変です。

そんな中、エン婚活エージェントはサービスをオンライン化にした事で料金を業界最安値にしている画期的な結婚相談所です。

以下は、一般的な大手結婚相談所とエン婚活エージェントで1年間活動した場合の比較イメージです。

結婚相談所の料金の違い

エン婚活エージェントの料金が初期費用で10分の1以下で、1年間活動をした場合も2分の1以下です。

オンライン型と言っても担当コンシェルジュがつき、電話やメールでの相談も出来るので対面での面談に拘らなければかなりお得に活動が出来るはずです。

コストパフォーマンスを重視するなら料金が業界最安値のエン婚活エージェント」が断然おすすめです。

所属している連盟が同じなら出会える会員は同じ

結婚相談所に安く入会したいと考えた時に知っておきたいポイントです。

結婚相談所はたいてい、「IBJ」「BIU」「良縁ネット」といった連盟に加盟しています。

こちらの結婚相談所の連盟の解説や、一覧比較をしている記事」で詳しく解説していますが、連盟が提供している共通の会員検索システムに登録しているためです。

つまり、下図のように、それぞれ結婚相談所の垣根を越えてお見合いをしています。

結婚相談所の連盟は相談所の垣根を越えてお見合い→交際→成婚

このシステムによって、銀座などの一等地の大きなビルに入っているような結婚相談所も、最寄り駅でいわゆる仲人おばさんのような方が個人で経営している結婚相談所も同じ会員システムになって紹介していますが料金はまちまちという事なのです。

結婚相談所に安く入会したいと思った時には単に料金だけを比較するのではなく、会員システムはどこの連盟が使えるのかを知っておきましょう。

結婚相談所に安く入会する方法

実際に結婚相談所に安く入会する方法について具体的に考えていきます。

無駄なコストをかけていない会社を選ぶ

エン婚活エージェントがオンライン型の結婚相談所のため、人件費や店舗の維持費がかからないのでその分のコストを抑えられているという事を書きました。

さらに、料金が安いというポジションが明確なので利用者からもわかりやすく広告宣伝費も少なく済むという事に繋がっています。

会員集客のための広告宣伝費や、華美な店舗などにコストかけ過ぎてないところが結果的に安く入会出来る事になっているはずです。

同じ連盟なら安い方を選ぶ

前述したエン婚活エージェントはコネクトシップでパートナーエージェントやエン婚活エージェントの会員とつながっていますが料金は最安値と言われています。

他にも同じ連盟の会員システムを使っているIBJメンバーズとIBJ加盟店での料金は、以下のように違っています。

IBJメンバーズ(プライムコース) IBJ加盟店(一般的な料金)
初期費用 409,500円 100,000円
月会費 15,500 10,000
お見合い料 無料 無料
ご成婚退会料 200,000円 200,000円
1年間活動した場合の料金 795,500円
初期費用:409,500円 + 月会費:19500円×12ヶ月+成婚料:200,000円
420,000円
初期費用:100,000円 + 月会費:10,000×12ヶ月+成婚料:200,000円

もちろん料金の違いはサービスの違いでもあるので一概には言えませんが、同じ連盟に加盟している場合、安い方が良いはずです。

連盟が同じならどのような付加価値があって料金が違っているのかを把握しておきましょう。

初期費用が安くする

かつての結婚相談所では、高い入会金や、一年分や二年分の活動費を先取りで数十万という多額の初期費用で契約する結婚相談所が大半でした。

しかし、出会いも多種多様になってきた昨今では、初期費用は出来るだけ安く、活動に応じて月会費やお見合い料を支払うという形がメインになってきています。

結婚相談所の数も増えてきたので、いきなり多額の料金での契約がしづらくなってきたのもあり、初期費用を安くして、「まずは利用して欲しい」といったスタンスのところも多いのです。

つまり、結婚相談所側もまずは入会して欲しいと思っているところが多いので、初期費用は割引をしてくれる可能性が高いのです。

料金の内訳やサービス内容をきちんと把握しておく事はマストですが、安く入会するためには初期費用の割引を考えていく事がおすすめです。

初期費用を安くするための方法は、以下の5つの方法があります。

初期費用を安くするポイント
  • お試し登録を利用する
  • 期間限定キャンペーンを利用する
  • 比較サイト経由でお申込みをする
  • 紹介キャンペーンを利用する
  • 面談時に交渉してみる

次項からそれぞれを詳しく見ていきましょう

お試し登録を利用する

結婚相談所によってネーミングは違っていますが、「お試し登録」「お試し入会」といったプランを設けています。

これらはまず本登録をする前の仮登録とも言えるもので、数千円~1万円程度で安く活動を始められるものです。

お試し登録制度

画像出典:「ブライダルチューリップ

お試しで始めてみて、実際にお見合いが決まったら本登録となるので、多額の料金で入会したのに、「会いたい人がいなかった」「お見合いが出来なかった」という事が防げる事が大きなメリットです。

お試し登録後に入会する場合には、そのまま初期費用が免除になったり、割引になります。

気になる結婚相談所のホームページでそういったお試しプランがないか探してみたり、実際にお問合せをしてみても良いでしょう。

期間限定キャンペーンを利用する

気になる結婚相談所のホームページやSNSをチェックしていると、定期的に初期費用の割引キャンペーンをしているところが多いです。

元号が変わった時には「令和おめでとう」と称して多くの結婚相談所が趣向を凝らしたキャンペーンをしていました。

入会金や登録料が30%OFF、半額、5万円キャッシュバックなど、期間限定のキャンペーン期間に入会する事で安く活動を始められます。

結婚相談所の婚活応援キャンペーン

画像出典:「SC-Bridal

また、あなたがまだ20代であれば、20代のヤングプランがあったり、入会金が安く設定されているところも多いです。

比較サイト経由でお申込みをする

結婚相談所の広告媒体の一つとして、結婚相談所の比較サイトというものがあるのはご存知でしょうか?

比較サイトは、複数の結婚相談所の情報や、料金体系などをわかりやすく比較している情報サイトの事で、そのサイトで気になる結婚相談所に一括でお問合せが出来たり、資料請求も出来るものです。

結婚相談所側がこうした比較サイトに広告を出稿して、そこからお問合せをして入会すると入会した会員の方に割引やキャッシュバックなど安く入会出来る仕組みもあるので、まずはどんなお得なプランがあるのかチェックしてみると良いでしょう。

結婚相談所の比較サイトからのキャンペーン

画像出典:「結婚相談所比較ネット

紹介キャンペーンを利用する

結婚相談所のホームページでは「お友達紹介特典」といったプランが載っているところもあります。

これは、友人知人の方がその結婚相談所で結婚をしていた場合、その友人知人の方の紹介という事で申し込みをすると、割引プランがあって安く入会出来るというものです。

結婚相談所を選ぶ際、知人が結婚しているところであれば信頼出来て安心ですし、さらに料金が安くなるとなれば利用しない手はないでしょう。

昔は結婚相談所で結婚するという事がまだめずらしく、人知れずこっそりと活動する方も多かったのですが、今は活動をオープンにしている人も少なくありません。

周りで結婚相談所で結婚した人がいるなら、詳しく聞いてみたり紹介プランなどがあるか聞いてみるのはおすすめです。

最近では、若い方ほど抵抗なく結婚相談所を利用している方が増えていますので、周りで結婚した人がいれば、知らないだけで実は結婚相談所でのご縁だったという事も多いのです。

周りで結婚が決まった人がいたら馴れ初めを聞きつつ、自分も婚活をしたいという事を打ち明けてみると友人知人の方も親身になって、結婚相談所を紹介してくれる事もよくある話です。

信頼出来る結婚相談所に入会出来て、料金も安ければ一石二鳥です。

ご紹介キャンペーン

画像出典:「恋愛結婚する結婚相談所 NPO法人キューピットクラブ

また、ご紹介だけではなく、誰かと一緒に婚活をスタートする場合に割引があるところもあります。

「ペア割」といった名称でキャンペーンをしているところが多く、結婚相談所の入会だけではなく、婚活パーティーの参加費が安くなるなどのところも多くあります。

結婚相談所のペア割

画像出典:「NOZZE

面談時に交渉してみる

たいていの結婚相談所では、入会検討時に無料で面談をしてくれるはずです。

今は数多くの結婚相談所がありますから、複数の結婚相談所を入会前に周ってその中で一番良かったとこに入会をするという方も多いでしょう。

しかしながら、結婚相談所選びは、結婚相談所を周れば周るほどよくわからなくなってしまうパターンに陥りがちです。

結婚相談所側も無料で入会説明をして、他に入会されてしまうのは避けたいものですから、その日に入会を決めると割引してくれるところは結構あります。

あまり多額の割引ではなく、1、2万円程度であれば交渉の余地はあるでしょうし、こちらから言わなくても結婚相談所側から提案してくれるところもあるはずです。

いずれにしても結婚相談所選びで時間がかかってしまうのは非常にもったいないなく、婚活は始める時期が遅くなれば遅くなるほど(年齢を重ねてしまえばしまうほど)不利になります。

結婚相談所側もはやくスタートする事で、結婚も決まりやすくメリットとなりますから、少しでもはやい登録で安くしてくれるところは多いでしょう。

まとめ

結婚相談所の料金は、サービス内容によって異なっているので、あなたに合ったサービスを提供してくれるところが一番ですが、少しでも安く入会出来るならそれに越したことはありません。

様々なお得なキャンペーンもあるのでぜひ利用してみましょう。

結婚相談所で活動をスタートをする年齢が年々若くなっている今、少しでもはやく始めないとライバルが多くなりすぎて、なかなか決まらなかったり活動が長引いてしまいます。

結婚相談所に安く入会する究極の方法は、少しでも若いうちに入会する事とも言えます。

活動が長引けばそれだけお金がかかる事になりますし、時間や年齢は取り返せません

結婚相談所では、年齢を重ねてしまうだけで条件が不利になり、苦戦します。

複数の結婚相談所を一同に集めた結婚相談所で比較したり、お問合せをしてみる事は時間の節約にもなっておすすめです。

結婚相談所選びは慎重に、料金の安さだけで飛びつくのは危険ですが、でも、結婚相談所はまだどんな人と出会えるかわからない中での活動でリスクがあります。

まずはリスクを抑えた業界最安値のエン婚活エージェントでの活動は結婚相談所の入門編としておすすめです。

エン婚活エージェントは、エン婚活エージェント株式会社が運営、上場企業(東証一部)のエン・ジャパン株式会社のグループが手掛ける結婚相談所なので大手の安心感と業界最安値のサービスで、まさにいいとこどりです。

無料サービス体験や返金保証制度もあるので、試してみない手はないでしょう。

【詳しくはこちらオンライン完結型で業界最安値の手厚いサポートを実現!エン婚活エージェント」】