ペアーズエンゲージの口コミ・評判は?ペアーズとの違いや料金・入会資格も解説

ペアーズと言えば言わずと知れたマッチングアプリで、Facebookとも連動されて国内最大級の1,000万人を越える会員数を誇っています。

そのペアーズがオンラインの結婚相談所「ペアーズエンゲージ」のサービスを開始しました。

ペアーズエンゲージ

結婚相談所は敷居が高く、まだまだモテない人が多いイメージもありますが、ペアーズなどのマッチングアプリは気軽に始められて、今どきの素敵な男女も多いと評判です。

しかしながら、マッチングアプリでは「なかなか結婚までは至らない」「プロフィールに虚偽があった」などがあるのも事実です。

今回はペアーズエンゲージ(オンライン結婚相談所)について、一般的な結婚相談所と比較や、口コミも交えて検証していきます。

「ペアーズ」と「ペアーズエンゲージ」との違い

まず、マッチングアプリの「ペアーズ」と新しくスタートした「ペアーズエンゲージ」を比較し、メリットとデメリットをまとめました。

メリット デメリット
ペアーズ(マッチングアプリ)
  • 料金が無料、もしくは安い
  • 提出書類が少ないので気軽に始められる
  • 会員システムで検索をしてお相手を探せる
  • プロフィールが虚偽の可能性もある
  • 相談出来る担当者がいない
  • 交際管理がなく自然消滅もある
ペアーズエンゲージ(オンライン結婚相談所)
  • 独身証明書の提出が必須で既婚者はいない
  • 担当コンシェルジュにチャットで相談が可能
  • 一カ月で30人の紹介がある
  • コンタクト(お見合い)の日程調整調整やカップリング(交際管理)の機能がある
  • 男女一律で料金がかかる
  • 年齢、居住地で登録の制限がある
  • 交際期限が決められているので短期間での決断力が必要
  • 会員システムでお相手を検索する機能がない

上記のようにそれぞれメリットとデメリットがありますが、本人の希望によってメリットにもデメリットにもなる事もあるでしょう。

たとえば、交際期限や成婚のルールが決められている事は、真面目にはやく結婚を考えている人にとってはメリットでしょうし、形式に囚われずで出会ってから柔軟に考えていきたいという人にとってはデメリットとなります。

ペアーズには既婚者も登録していた

マッチングアプリのペアーズは、プロフィールに虚偽があったり既婚者も紛れていて、真面目に結婚を考えている人にとって最大のネックでした。

ペアーズに既婚者がいるという口コミは数多く寄せられており、以下は一例です。

【ペアーズには既婚者がいるという口コミ】

また既婚者は出会い目的だけではなく、婚活業者が市場調査のために登録している事もよく聞く話です。

【ペアーズは婚活業者も市場調査のために登録している】

真面目な出会いを考えている人にとっては大変迷惑な話です。

ペアーズエンゲージは独身証明書の提出が必須で安心

ペアーズエンゲージでは独身証明書の提出を必須にしたので既婚者の登録を回避出来るようになりました。

【独身証明書とは?】

  • 一般的な結婚相談所の登録で必要な書類
  • 本籍のある役所で取得可能
  • 取得に必要な物は、印鑑、身分証明書、手数料300円程度(市区町村によって変わる)
  • 郵送も可能で、該当の本籍地のホームページでダウンロード出来る用紙、身分証明書のコピーと手数料は収入印紙で送る
  • 受け取りは窓口ならその場で、郵送なら3~5日程度かかる

ただ、この独身証明書は結婚相談所の入会のために作られた書類なので、窓口で取得をするのが恥ずかしいといった事がネックになっていました。

【ペアーズエンゲージは、独身証明書の取得をオンライン化】

ペアーズエンゲージは、独身証明書をオンラインで申請出来るサービスを独自で開発し、スムーズに取得が出来ます。

郵送も必要書類を用意したりなどの手間がかかるため、ペアーズエンゲージがオンラインで取得する事を可能にした事は全結婚相談所の中でも画期的だと評判となっています。

Pairsエンゲージは、アプリ内の申請フォームに必要事項を入力するだけで、独身証明書を取得できるオンライン申請サービスを開始。こうした手間を削減する。入力フォームの記入にかかる時間は約5~10分で、数日後に自治体から申請者の住所に郵送で独身証明書が届く仕組み。

Impress Watch」を引用

ペアーズエンゲージは相談も可能

マッチングアプリでは全てが自己責任で、相談出来る人がいないのも弱点でした。

また、マッチングアプリだけではなく、結婚相談所でも

  • 結婚相談所に登録に行くのは人目も気なって抵抗がある
  • 営業時間や定休日もあって気軽に質問や相談が出来ない

といった声がある中で、ペアーズエンゲージでは24時間365日オンライン上で相談が出来るコンシェルジュがいます。

対面での相談に拘らなければ結婚相談所と同じようなサービスが期待出来ます。

料金は月額9800円+入会金

結婚相談所の最大のネックは料金が高いところでしょう。

ペアーズも結婚相談所となると料金が高くなってしまうのかと気になっている人も多いと思いますが、ペアーズエンゲージの料金は入会金が9,800円、月会費も9,800円、お見合い料や成婚料はありません。

大手と呼ばれている結婚相談所の料金プランと比較してみます。

ペアーズエンゲージ 楽天オーネット
【プレミアプラン】
サンマリエ
【プラン20】
IBJメンバーズ
【プライムコース】
初期費用 9,800円 106,000円 210,000円 380,000円
月会費 9,800円 13,900円 16,000円 15,500円
お見合い料 0円 0円 無料
※紹介からのお見合いは10,000円
0円
成婚料 0円 0円 200,000円 200,000円
1年間活動した場合の料金 127,400円(税別)
272,800円(税別) 【お見合いを10回した場合】
692,000円(税別)
766,000円(税別)

他の結婚相談所と比べて一目瞭然、ダントツで安い事がわかりました。

さらに今は、登録から14日間月会費が無料になるキャンペーンもしています。

ペアーズエンゲージは14日間の無料登録期間がある

プロフィール内容を考えたり独身証明書の取得などの準備期間に費用がかかる事もなく良心的ですね。

オンラインの結婚相談所は人件費や事務所費用を大幅にカット出来るので料金も安く出来ています。

結婚相談所の料金の相場や内訳についてはこちらの記事結婚相談所6社の料金の内訳を徹底比較」で詳しく解説しています。

ペアーズエンゲージ独自のルール

ペアーズエンゲージの独自のルールについて解説していきます。

年齢・地域制限がある

ペアーズエンゲージでは、2019年10月現在、利用者の年齢や地域で制限があり、以下の条件をクリアしていないと登録が出来ません。

  • 年齢は男女ともに20歳~45歳まで
  • 登録可能地域は東京・千葉・埼玉・神奈川在住の方のみ

年齢では、45歳以上の人は残念ですが、登録してから45歳になった場合にはそのまま利用が可能です。

結婚相談所は女性の登録の方が多く女性が余っている傾向で、女性は歳の離れた男性ばかりからオファーを受けてうんざりしている女性が後を絶ちません。

その点、ペアーズエンゲージでは年齢が近い人と出会える可能性が高いでしょう。

登録地域ではサービスがスタートしたてという事もあり、一都三県に限られていますが今後拡大していく事を期待したいですね。

安全に配慮したルールがある

ペアーズエンゲージでは、初回のコンタクト(お見合い)で以下のルールが決められています。

  • 場所はカフェ等で、食事、飲酒は禁止
  • 時間は、10時~19時の間で、30分~1時間程度で終わらせる

マッチングアプリでは、初対面の時に食事に行く事も一般的な流れです。

でも、初対面でいきなり食事まではしたくないけれど断りづらいという人も多く、また、飲酒や夜間に会う事でトラブルにもなり兼ねません。

その点ペアーズエンゲージでは、まずは昼間でお茶だけで会えるので健全です。

「カップリング」と「真剣交際」がある

マッチングをしてファーストコンタクト(お見合い)後の交際の流れはどうなっているのでしょうか?

知っておきたいポイントは、ペアーズエンゲージには「カップリング」「真剣交際」のステータスがあるという事です。

ファーストコンタクト(お見合い)を終えて双方がお会いしたいとなった場合の交際期間には、下図のようにカップリング期間と真剣交際期間があります。

ペアーズエンゲージのカップリングと真剣交際の違い

真剣交際とは、双方が同意して1対1の交際となる事で、それまでの期間がカップリングです。

カップリング期間ではシステム上のツールで連絡をとる事になりますが、真剣交際になるとお互いの電話番号やLINEなどの連絡先の交換も可能になります。

ポイント
  • カップリング期間では複数の同時交際が可能で、真剣交際ではカップリングした相手を一人に絞った交際をする。
  • カップリング期間はシステム内での連絡でお互いの連絡先交換は禁止、真剣交際になると連絡先交換が可能
  • 真剣交際では他に紹介を受けたり、他の会員との接点を持つ事が出来なくなる。

【交際期間は90日】

交際期間はカップリング、真剣交際に関係なくファーストコンタクトから90日です。

ただし、真剣交際に入ってからお互いの同意があれば1ヶ月の延長は可能で、最大の交際期間は120日となっています。

真剣交際が終了した場合に再度ファーストコンタクトからの活動は可能ですが、真剣交際となったお相手をカップリングのステータスに戻す事は出来ません。

【婚前交渉は強制退会】

ペアーズエンゲージでは、「成婚の定義」が決められています。

以下の行為があった場合には成婚と見なして退会となります。

成婚退会と見なされる行為

  • 宿泊を伴う旅行
  • 性交渉
  • 同棲
  • 交際期間(カップリング期間は90日、真剣交際期間を含んだ交際期間では120日)を過ぎた場合

成婚の定義や性交渉に関するルールは他の結婚相談所でも様々なので、こちらの記事結婚相談所でお見合い相手との性交渉(セックス)はありか?相談所によって違うルールも紹介」で詳しく解説しています。

成婚退会後の破談も3ヶ月以内なら再入会可能

結婚相談所でも起こりがちなのが、成婚退会後の破談です。

結婚相談所の出会いは交際期間が決められているので、早い決断が出来るのがメリットですが、いざ結婚に向けて具体的に進めてみるとうまくいかなくなってしまう事も起きてしまうのもよくある話です。

他の結婚相談所では退会と同時に登録データも削除されるので、再度入会する時には一から登録が必要となり書類を集めたり料金もかかります。

その点、ペアーズエンゲージでは成婚退会後3カ月以内であれば、入会金と書類の再提出が不要で再入会が可能なのでもしもの時にも安心です。

出会いの方法は紹介のみ

では、実際にペアーズエンゲージに登録するとどんな出会いがあるのでしょうか?

1日1人、1ヶ月で30人の紹介が届く

ペアーズエンゲージに登録すると、毎日1人合いそうなお相手がコンシェルジュを通じて紹介がきます。

ペアーズエンゲージの紹介画面

画像出典:「ペアーズエンゲージ

紹介人数は、1日1人なので1ヶ月で30人の紹介となります。

他社結婚相談所と紹介人数を比べてみます。

【結婚相談所の紹介人数比較】

エン婚活エージェント 月6名~
楽天オーネット 月6名
ツヴァイ 平均月6名
サンマリエ 月1名~
IBJメンバーズ 月3名まで(アシストプラスコース、プライムコースのみ)

IBJメンバーズは4つのコースのうち、初期費用が高い2つのコースのみで紹介がありますが、その他のコースでは紹介じたいがなく、大手と呼ばれる知名度のある結婚相談所でも紹介人数は少ない事がわかりました。

ペアーズエンゲージは紹介人数が一般的な結婚相談所に比べても多いと言えます。

昨今の結婚相談所ではたいていIBJなどの連盟の共通のシステムになっているので、入会しても紹介はなく、会員システムにログインするためのIDとパスワードが渡されて「あとは自分でどんどんお申し込みをしていきましょう」という所も多いのが現実です。

紹介がある事は有難いと思えるはずです。

申し込みボタンではなく、いいねボタン

ペアーズエンゲージでは「申込みボタン」ではなく、「いいねボタン」になります。

紹介で送られてきたプロフィールを見て、会ってみたいなと思えば「いいね!」を押して、双方がいいね!を押すとマッチング成立です。

気軽な気持ちでいいねを押してしまってマッチングが成立すると必ず会う事になるので、たくさん成立すると収拾つかなくなる事にもあります。

お相手の写真やプロフィールを良く見て慎重にいいねを押していきましょう。

マッチングしたら必ず会える

マッチングをしたら7日以内に必ずファーストコンタクト(お見合い)の日程調整をする事になっています。

マッチングアプリや、大手サービスの楽天オーネットなどでもマッチングしたらメッセージのやり取りをしながら会うかどうかを決めます。

メッセージのやり取りをしているだけでなかなか会うまでに至らなかった人も多いのですが、ペアーズエンゲージではすぐに日程調整に入るので初回のコンタクト(お見合い)までがスムーズです。

日程調整を規定の期間に行わなかった場合には退会などのペナルティがあるなどの徹底ぶりです。

【マッチング後に必ず会える事に関する口コミ】

自分で探せない事に対する不満も

今現在、ペアーズエンゲージは自分で検索をしてお相手を探す事が出来ません。

検索システムがない事に対しての不満の声は多く、以下のような口コミが寄せられています。

紹介制で待っているだけなのでもどかしく思う人も多いと思いますが、別の見方をすると検索で、見た目や条件ではじかれてしまう事が少ないという評判もあります。

検索システムだけでの活動でなかなかお見合いが成立しないと思っている方は、紹介での活動も視野に入れてみるのもおすすめです。

登録会員のスペック

ペアーズの会員数は1,000万人以上ですが、ペアーズエンゲージの会員数や男女比、スペックはどうなっているのでしょうか?

会員数、男女比などが非公開

ペアーズエンゲージの会員数、男女比などは非公開です。

ペアーズエンゲージでは会員検索システムもないためどのくらいの人数の会員が利用しているのかも予想がつかないのが今現在の現状です。

ただ登録には年齢制限があり、20歳~45歳までとなっているため40代半ば以降の男女は登録されていないので、IBJなどの結婚相談所でお見合いが組めなくなってきているアラフォー女性は年齢が近い男性に出会えるチャンスです。

年収、学歴の証明書類の提出は任意

一般的な結婚相談所では入会時に以下の提出書類が必要です。

  • 本人証明書(運転免許証やパスポートなど)
  • 独身証明書
  • 年収証明書(男性は必須、女性は収入のある方のみ)
  • 学歴証明書(短大卒以上の場合は必須)

国家資格などの資格がある場合にもその証明書類を提出します。

ペアーズエンゲージでは、上記の提出書類のうち、年収証明書と学歴証明書は任意です。

【ペアーズエンゲージの学歴や年収書類に対する口コミ】

上記の口コミは男性の口コミなので、男性は学歴や年収は関係ないと思っている人は多く、また、大卒でなくても年収が高ければ良いと思っている人もいますが、結婚は家同士の繋がりになるので学歴は予想以上に重視されます。

提出書類が少ないのでその分の敷居は低くなりますが、結婚となるとトラブルも起こりがちなので注意していきましょう。

エン婚活エージェントとの比較

結婚相談所をオンライン化したところは、エン婚活エージェントが先駆けです。

ペアーズエンゲージのスタートに関してはエン婚活エージェントの社長自らがツイッターで以下の投稿もしています。

以下で、エン婚活エージェントとペアーズエンゲージを比較をしてみました。

ペアーズエンゲージ エン婚活エージェント
運営会社 株式会社エウレカ エン婚活エージェント株式会社
会員数 非公開 27,242名(コネクトシップ会員含む)
提携相談所 なし
  • パートナーエージェント
  • ゼクシィ縁結びエージェント
  • ノッツェ

サポートエリア 東京都/千葉県/埼玉県/神奈川県 東京都/千葉県/埼玉県/神奈川県/大阪府/京都府/奈良県/兵庫県/和歌山県/滋賀県/愛知県/岐阜県/三重県/群馬県/茨城県/栃木県/福岡県/静岡県/北海道/広島県/熊本県/佐賀県/岡山県/山口県
入会に必要な公的書類
  • 本人証明書(運転免許証やパスポートなど)
  • 独身証明書

年収証明書と学歴証明書は任意

  • 本人証明書(運転免許証やパスポートなど)
  • 独身証明書
  • 年収証明書(男性は必須、女性は収入のある方のみ)
  • 学歴証明書(短大卒以上の場合は必須)
お相手検索機能 なし 有り・毎月10名に申し込みが可能
お相手候補の紹介人数 月30名 月6名~
1年間活動した場合の料金 127,400円(税別) 153,800円(税別)

料金は入会金はどちらも9,800円、月会費がペアーズエンゲージの9,800円に対してエン婚活エージェントが12,000円と月々2,000円程度の差があります。

紹介人数に関してはペアーズエンゲージのほうが多いですが、それ以外では圧倒的にエン婚活エージェントのほうが優っているという結果です。

【ペアーズエンゲージとエン婚活エージェントを比較した口コミ】

上記の口コミにもあるように今の段階では、会員数や会員スペックが非公開のペアーズエンゲージに対して、エン婚活エージェントは登録会員の様々なデータを公開しており、パートナーエージェントやゼクシィ縁結びエージェントといった人気の他社サービスの会員とも繋がっているエン婚活エージェントのほうが魅力的です。

エン婚活エージェントについては、登録会員の男女比、学歴、年収などの詳細や、社長の間宮亮太氏にもインタビューした記事を載せている以下の記事をご覧ください。

エン婚活エージェントの詳細・口コミや評判もご紹介

ペアーズエンゲージの口コミ・評判

ペアーズエンゲージに関する全般的な口コミをご紹介していきます。

ペアーズエンゲージの口コミや評判はツイッターでは見かけますがその他のサイトではまだあまり出てきていません。

マッチングアプリのペアーズでは2ch(5ch)の口コミに20万件以上あるので、今後の反響も注意深く見ていきたいところです。

【ダラダラとした交際を避けられる】

婚活をしている人にとって結婚に至らない交際で年齢を重ねてしまう事ほど悲しい事はないでしょう。

特に女性は出産年齢も考えて、少しでもはやく決断したいという人も多いので、ペアーズエンゲージには交際期間があるのでおすすめです。

【既婚者やヤリモクがいない】

ペアーズエンゲージは独身証明書の提出が必須、交際中にもルールがあるので既婚者やヤリモクがいないという事だけではなく、そうしたトラブルがあった時に相談出来るコンシェルジュがいるという事も嬉しいサービスです。

【結婚相談所の代替として期待出来る】

結婚相談所で活動をした事がある方なら、ペアーズエンゲージやエン婚活エージェントのオンライン結婚相談所のコスパがとても良いと思うはずです。

マッチングアプリで叶えられなかった安心面があり、料金は一般的な結婚相談所の10分の1以下ですから結婚相談所の代替はもちろん、掛け持ちをしてみるのもおすすめです。

また、口コミにもあるように月会費の9,800円は、1回のデートや、合コンなどでも2次会までにいくとあっという間に1万円近い金額になってしまうのではないでしょうか?

【マッチングに関する口コミ】

ペアーズなどのマッチングアプリではいいねを押してもそれがファーストコンタクト(お見合い)に直結するわけではないので気軽にいいねを押す事が出来ますが、ペアーズエンゲージでは必ず会う事になるのでいいねを押す敷居が高くなっています。

また、上記の口コミのように女性は男性に比べて条件などを気にして積極的になれない人も多いのですが、まずは会ってみないとその先もないわけです。

ペアーズエンゲージはお見合い料もないので、まずは会ってみてから考える事もおすすめです。

まとめ

ペアーズエンゲージはまだまだ未知数のところも多いので、引き続き情報を集めていきたいと思っていますが、エン婚活エージェントも含めてオンライン結婚相談所の存在は「結婚相談所は敷居が高い、抵抗がある」といった人にとって始めやすくおすすめの婚活サービスで間違いないでしょう。

仕事が忙しくなかなか時間が取れない人や近くに結婚相談所がない人にとっても効率良く婚活が出来ると評判です。

現在は紹介のみのサービスですが、マッチングアプリや検索システムだけの結婚相談所で自分で探すよりも運命を感じる出会いもありそうです。

料金が安いので既に他の結婚相談所で活動をしている人の掛け持ちとしてもおすすめです。