40代で結婚相談所に入って結婚出来る?【40代の婚活事情と成功のためのアドバイス】

40代で結婚を考えた場合、周りに独身の異性を見つける事ですら難しくなってきています。

何もしないでいると、新しい独身の異性との出会いはゼロという方も少なくありません。

40代での婚活をするなら、合コンや友達からの紹介はまずなくなってきているので、結婚相談所を利用するのが近道になります。

とはいえ、結婚相談所と一言で言っても、実は色々な種類があってサービス内容も様々です。

結婚相談所選びを間違うとお金も時間も無駄になってしまう事も!

今回は、40代で結婚相談所を利用する場合の注意点や成功させる秘訣をお伝えしていきます。

40代の結婚相談所の実態

そもそも「40代で結婚相談所に入会しても本当に結婚出来るの?」と不安に思う方が多いです。

まずは、結婚相談所の成婚率について解説します。

40代の成婚率はゼロ?

少し前のものにはなりますが、経済産業省が平成21年度に調査し、平成22年2月に報告書を発表した「結婚相談・結婚情報サービス業界統計」があります。

一般の方51,894 人から回答を貰い、その中で、結婚相談所の利用者である1,205人から回答を集めた結果を元にまとめられている報告書です。

この報告書によると「サービス利用後の婚姻の状況」として下記の記載があります。

40~44歳男性 40~44歳女性 45~49歳男性 45~49歳女性
サービスで知り合った人と結婚をした・婚約中 24.1% 23.5% 25.0% 50%
サービスで知り合った人ではない人と結婚をした・婚約中 15.5% 0% 20.8% 0%
結婚しておらず婚約中でもない 60.3% 76.5% 54.2% 50%

出典:結婚相談・結婚情報サービス業界統計

上記の結果を見ると、結婚相談や結婚情報サービスを利用すると、4人に1人くらいが結婚または婚約になるようです。

45歳以降の女性は50%という高い数字にはなっていますが、これは元々の利用者の母数が少ない事が影響しているかと思います。

さらに、40代の女性がサービスを利用する事以外で結婚する事はゼロという厳しい結果も出ています。

少し前のデータなので年々変わっているとは思いますが、何かしら行動しないと自然に結婚する事は難しいのが40代の結婚の現実です。

そして何より、結婚相談所や結婚情報サービス業と一口に言っても、大手結婚相談所(データマッチング中心)のものと、中小の結婚相談所が連盟に加盟して紹介しあっているもの(仲人・相談型)があり、それぞれサービス内容も違っているのです。

さらに、年齢や住んでる地域も違えば結果も変わりますし、仲人型の結婚相談所ではそれぞれの仲人の裁量や実績など本当に様々で、一概に成婚率という概念で結婚相談所選びの判断は出来ないのがわかってくるはずです。

【詳しくはこちら結婚相談所の成婚率の実態とは? ~成婚率の算出の仕方の違い~」】

40代はただでさえ様々な事情もあるため、杓子定規な成婚率は当てはまりません。

次項から成婚率に変わるおすすめの選び方について詳しく解説していきます。

40代の登録会員数は多い

では実際に40代で結婚相談所で活動している人はどのくらいいるのでしょうか?

日本最大の登録会員数のIBJに登録している会員の年齢は、下記のようになっています。

年齢 登録会員数合計
~29歳 4,063名
30歳~34歳 11,500名
35歳~39歳 13,956名
40歳~44歳 12,680名
45歳~49歳 8,843名
50歳~54歳 4,609名
55歳~59歳 2,409名
60歳~ 2,819名

※2019年2月時点

出典:日本結婚相談所連盟(IBJ)婚活会員データ

こうして見てみると、40代でも多くの方たちが登録しているので安心にもなりますが、注目するべき点は、今は20代のうちから結婚相談所に登録している人も多いのです。

当然の事ながら40代女性は若い方の登録が増えれば不利になりますし、40代男性も若い女性が多く登録されていれば若い女性の方にばかりお申し込みをしてしまう事にも繋がり、ミスマッチングばかりでお見合いすら出来ないケースも増えています。

結婚相談所の体験談・口コミ

【42歳会社員、仕事が楽しく気が付いたら40代になっていた女性が結婚相談所に登録したケース】

  • 約1ヶ月経過し、10人の方にこちらからお見合いの依頼をしても一人もマッチングしない。
  • 同年代~48歳までの方を希望しているが、お見合いのオファーが来るのは、50代~60代の方
  • はじめたばかりで、すでにやる気がなくなった
  • 証明書をきちんと提出するネット婚活も検討すべきか迷っている

発言小町を要約

上記の口コミは、データマッチング型の結婚相談所に入会されているようですが、データマッチング型の結婚相談所に40代が登録をすればこのような結果になるのも致し方ないでしょう。

実力のある仲人さんの元で、人間性なども知って貰いながら進める事が出来る婚活をするか、自分からお申し込みをするにしても10人では少なすぎで、お申し込み人数の制限がないような結婚相談所がおすすめです。

もしくは証明書をきちんと提出するネット婚活であれば、ネット婚活の方が気軽に出会えるので、まずは40代でも出会いやすいネット婚活も併用するのも良いでしょう。

そもそも40代はしばらく恋愛から遠ざかっていて異性と接することにも不慣れな人も多いので、まずは出会いを増やし、異性と接する練習もしていくくらいの気持ちでいきましょう。

40代でお見合いが成立する確率は1桁

では、実際に40代で結婚相談所を利用して、お見合いのお申し込みをした場合、どのくらいお見合いが成立するのでしょうか?

下記の表は、ご自身がお見合いのお申し込みをして、承諾を貰う(イコールお見合い成立)になる割合を出したものです。

20代や30代とも比べて見てみましょう。

男性 女性
25~29歳 8.6% 11.4%
30~34歳 7.7% 9.1%
35~39歳 6.6% 7.4%
40~44歳 5.4% 6.2%
45~49歳 4.4% 6.5%

出典:婚活総研

こうして見てみると、IBJは日本で一番会員数が多い連盟なので、その分ライバルも増えてなかなかお見合いが成立しづらくなってきている傾向がわかります。

以下は女性から申し込みをしてお見合いが出来る割合です。

女性からの申し込みでお見合いが成立する確率

40代になると、20代や30代に比べてお見合い成立の確率は減少し、1割にも満たない確率です。

自分から申し込みをしても散々な結果です。

口コミにもあるように10人に申し込んでも1人もお見合いが成立しないのは当然と言えば当然ですね

ただ、IBJ以外の他の連盟もあり、連盟によって傾向もあるので、連盟が違えば違う結果にもなりますし、また、本人のスペックやお申し込みをする層も人それぞれですから、一概にこの結果が40代の皆さんに当てはまるとは言えませんが、ある程度の目安になります。

なかなかお見合いが成立しづらい40代、お見合い写真の見た目も重要です。

結婚相談所の種類とサービスの違い

40代で結婚相談所を利用する場合、なかなか厳しい現実もあるので、サービスの違いや傾向を知り、うまく利用していく事が重要です。

昨今の結婚相談所は、大きく分けると下記の3つです。

結婚相談所の種類
  1. データマッチング型の結婚相談所
  2. IBJメンバーズ他、IBJ連盟のみに加盟の結婚相談所
  3. 複数の連盟に加盟している仲人型結婚相談所

上記の3つの結婚相談所のサービスの特徴と、40代の方に合った結婚相談所について次項から詳しく説明します。

データマッチング型

「データマッチング型」とはいわゆる大手、オーネット、サンマリエ、ツヴァイ、ノッツェ、パートナーエージェントなど、広告宣伝費をかけて会員を募っているところで、最初にかかる初期費用や年間費が高めで、成婚料がなかったり安いところが多いのが特徴です。

初期費用が高く成婚料がない(もしくは安い)ところは、成婚しても会社の利益にはならないので、成婚せずに長く在籍してくれていた方が利益になるとも言えます。

ポイント

大手は、成婚重視のサポートではなく、出来れば短期決戦で決めたい40代には不向きと言えます。

さらにデータマッチング型では、出会ったお相手との交際ルールが決められていないところも多いのです。

まだ結婚への意思が曖昧なまま肉体関係だけになってしまう事もあるので、結婚相談所の性交渉のルール(禁止事項があるのか?成婚と見なして退会になるのか?など)も把握しておきましょう。

【詳しくはこちらお見合い相手との性交渉のタイミングやルール」】

IBJメンバーズ他、IBJ連盟のみに加盟

「IBJメンバーズ他、IBJ連盟のみに加盟の結婚相談所」は、IBJ(日本結婚相談所連盟)に加盟して共通の会員データベースで紹介し合っているところになります。

IBJは、日本で最大の会員数にはなりますが、会員層に偏りもあり、若い世代に支持されてる連盟です。

IBJは若い方の登録が多い連盟なので、40代でIBJのみに加盟している結婚相談所では厳しい状況です。

【詳しくはこちらIBJのシステムではお見合いのお申込みが来ない理由」】

ポイント

IBJは登録会員も若い方が多く、仲人も若い結婚相談所が多いので、40代の方がIBJのみに加盟している結婚相談所では厳しい可能性もあるでしょう。

複数の連盟に加盟している

「仲人型」と呼ばれているところは、個人経営のところが多く、自社の会員だけでお見合いセッティングするのは難しいので、複数の結婚相談所の連盟や協会に加盟して、他の結婚相談所と会員データを共有しています。

この仲人型の結婚相談所でもIBJに加盟している結婚相談所であれば、上記のIBJメンバーズや大手の結婚相談所とも同じ会員データベースになり、さらに良縁ネットや仲人ネットコムといったほかの連盟に加盟していれば出会いの可能性も広がります。

沢山の連盟に加盟している結婚相談所が良いとは一概に言えませんが、IBJ以外にもう一つか2つ加盟している結婚相談所がおすすめです。

IBJ以外の結婚相談所の連盟に加盟している結婚相談所は下記で調べる事が出来ます。

ポイント

連盟に複数加盟している結婚相談所は、仲人(担当者)の実力や会員の方との相性も重要になってきますが、うまく利用すれば一番結婚が決まりやすいサービスと言えます。

結婚相談所の40代の地域別人数と傾向

40代でも結婚相談所のサービスの違いを理解し、うまく利用すれば結婚する事は十分可能です。

ただ、結婚相談所は身元保証されているしっかりとした男性に出会えるので、女性にはとても人気なのですが、男性はちょっと敷居が高く感じてしまい、現代の結婚相談所は女性の方が余っているのです。

ただ、これは地域によって若干違いがあります。

地域別で40代の攻略方法を考えていきます。

東京の40代の婚活

関東の結婚相談所では、女性会員の方が多く、特に東京に集中しています。

2015年の国勢調査でも、23区の目黒区、中央区、港区などの家賃が高いエリアほど未婚の40代女性の方が多く住んでいるという結果が出ています。

一方、同じ23区でも江戸川区、葛飾区、足立区には未婚の40代男性が多く住んでいる結果が出ており、東京以外の茨城、千葉、埼玉、神奈川の一部地域では男性の独身者の方が多く住む地域もあります。

これは、女性が東京都内に住んでいる(住みたい)地域だという事が影響しています。

結婚後に住みたい地域を少し広げてみる事で40代女性の結婚のチャンスもあります。

既にマンションなどを購入している女性もいらっしゃると思いますが、結婚を機に住み替えなども検討してみてはいかがでしょうか?

名古屋の40代の婚活

名古屋のある愛知県では、40代の結婚相談所の登録会員が、なんと女性よりも男性の方が約2倍です。

名古屋の結婚相談所に男性が多いのは、大手企業のトヨタがある事が影響

結婚相談所の40代の登録で、女性よりも男性の登録数がここまで多いのは、全国でも珍しい結果で、首都圏で婚活に疲れた女性が「名古屋に行ったら婚活がうまくいく」と婚活女性の間では話題です。

名古屋市にあるおすすめ結婚相談所12社

大阪の40代の婚活

大阪のある近畿地方の結婚相談所の40代の登録会員数も、1000名近く女性の方が多い結果になっています。

大阪では、婚活パーティーや婚活イベントで出会いたい男性が多いのですが、行ってみないとどんな女性が来ているかわからないのがパーティーです。

行き当たりばったりの話をするよりも、事前にプロフィールを見ておける結婚相談所で落ち着いた出会いがおすすめです。

また、IBJ以外の連盟や、地域密着の仲人さんなどではシステムに掲載していない独自の会員が在籍している可能性もあります。

福岡の40代の婚活

福岡のある九州や沖縄地方の結婚相談所の40代の登録者は、女性の方が少し多い程度なのですが、全国的に見ると結婚相談所の登録者が少ないようです。

福岡でもまだまだ結婚相談所に登録するよりも婚活パーティーや婚活イベントなどで出会いたい人が多いのですが、40代で結婚を考えるならしっかりと結婚を見据えて身元も保証されている結婚相談所での活動がおすすめでしょう。

ただ、福岡の男性は他の大都市に比べると年収が低めのため、IターンやUターンした女性には受け入れがたい傾向もあるようですが、臨機応変に柔軟な気持ちを持っていく事が大事になります。

40代で結婚相談所で結婚が決まった人のタイプ

では、実際に40代で結婚相談所で結婚が決まったタイプはどんな方なのでしょうか?

具体的には下記の5つのタイプの方たちになります。

40代で結婚が決まるタイプ
  1. 年齢差と男性の年収の法則を理解していた。
  2. 自分からも積極的にお申し込みをしていた。
  3. プライベートの時間は婚活を何よりも優先
  4. 再婚の場合。
  5. 子供は授かりものと考えて、子供ありきで結婚を考えない

順に詳しく解説し、アドバイスもしていきます。

年齢差と男性の年収の法則を理解

結婚相談所での結婚は、お相手との年齢差について、「女性との年齢差×100が男性年収」の法則があります。

たとえば、

年収1000万円の方と結婚したいなら10歳差、900万なら9歳差・・・

といった具合に、女性が年収の高い男性をのぞむなら、それに比例した年齢差を考えていかなくてはならないのです。

40代女性は、もちろん、年上の男性の年の差です。

自分のルックスに自信のある40代女性は、「年下でもいいんですけど」という方もいらっしゃいますが、若い女性も一緒に選べる結婚相談所なので、40代の女性に年下の男性はまず不可能です。

ごくまれに、年上が好きな男性もいなくはないですが期待はしない方がいいでしょう。

むしろ、この法則に則って、女性が男性よりも高い年収を稼いでいて、自分より年収の低い男性でも大丈夫な場合には年下男性とのご縁も全くないとは言い切れません。

同時に、男性が一回りくらい下の女性にお申込みをするなら、1200万円くらいの年収が必要です。

この年齢差と男性の年収の法則はあくまでも傾向ですが、男女ともに高望みをし過ぎず、男性は年齢、女性は年収に拘り過ぎない事がポイントです。

年収が高くても金遣いが荒くて散財するような人では困ります。

【年の差があればその分ギャップも生まれる】

年齢差がは、育ってきた時代が違っている事でもあります。

そうなると、年齢差のある結婚では、見てきたテレビや好きな芸能人などの世代ギャップが生まれるでしょう。

また、今は良くてものちのち、食生活の好みなどでうまくいかなくなる事もあります。

男性が70代近くになった時には、あっさりした食べ物を好む方が多いと思いますが、その時に女性がまだ60歳前後だとすると、60歳前後の女性はまだまだお肉や中華料理などももりもり食べたい女性が多いのです。

そうなると、せっかく40代で結婚が出来たのに、嗜好の違いから熟年離婚にもなり兼ねません

ポイント

40代の結婚は、男性は年齢差5歳差以内程度で考えて、女性もあまり高い年収を望まなければ決まりやすくなります。

結婚相談所に登録している会員の年収の傾向や、嘘がないか?40代で結婚相談所を考えた場合の年収の目安などについてはこちらの記事結婚相談所の年収」で詳しく解説しています。

自分からも積極的にお申し込み

仲人型の結婚相談所であれば紹介もしてくれますが、紹介を待っているだけではなく、自分からも積極的にお申し込みをしていく事も大事です。

「自分からお申し込みするなんてガツガツしているように思われて・・・」と躊躇している時間はありません

まずはちょっとでもプロフィールを見て気になったがいたら、SNSの「いいね」を押すくらいの気持ちでお申し込みをしてチャンスを広げていきましょう。

男性はどうしても若い人を好みますから、40代の女性は自分からお申し込みをしないとプロフィールすら見て貰えない可能性も高いのです。

ポイント

出会いのきっかけは待っているだけではなく、自分からも積極的に作っていく意識が重要です。

プライベートの時間は婚活を何よりも優先

40代で独身の方は、日頃仕事を忙しくしていたり、逆に趣味に没頭し過ぎていたりなどの理由があるかと思いますが、いずれにしても婚活を始めたらプライベートの時間は婚活を優先する事が大事です。

40代ともなると、持病が出てきたり、自分は元気であっても親の介護などもあって結婚したくても婚活をする事が難しくなる可能性もあるのです。

当然の事ながら、40代で歳を重ねてしまう事は女性だけでなく、男性も条件が厳しくなっていくので、一日でも早い活動で、集中して頑張る姿勢を忘れてはいけません。

ポイント

自分や周りが健康で、婚活が出来る事じたいが有難い事だと考え、一日も無駄にしないような心がけでいきましょう。

再婚の場合

40代の婚活は再婚の方も多いです。

一般的に初婚の40代では、20代や30代とは違って収入も安定してきて独身貴族とも言えるでしょう。

ただ単に趣味などを楽しんでいて独身のままだった、という事であっても、40代で初婚となると、なぜ一度も結婚していなかったのか?という概念で見られて敬遠されてしまう事にもなりがちです。

再婚の40代よりも初婚の40代の方が敬遠されてしまうのは、本当です。

実際、結婚相談所では、40代の初婚の人よりも40代の再婚の人の方が成婚率が高くなり、一度結婚をしている人は二度目の結婚もしやすいのです。

再婚の方も躊躇せずに結婚相談所の利用を検討していきましょう。

【40代子持ち再婚の場合】

女性の場合は子供がいる母子家庭の方も多いのが40代です。

「子供がいるし・・・」と再婚を諦めてしまっている女性も、結婚相談所の婚活なら、先に自分のプロフィールを見て、再婚や母子家庭を理解してくれた人のみに出会えるのがメリットと言えるでしょう。

さらに、結婚相談所の入会には独身証明書や身分証明書などの公的書類の提出が必要なので、身元がしっかりした人と出会えて安心です。

女性に親権があるバツイチ子持ちの男性も結婚相談所では多く活動しています。

女性側は、「再婚はいいけど、子供のいる人はちょっと・・・」といった具合で子持ちの男性を敬遠する方が多いのですが、再婚の男性は初婚の男性よりもコミュニケーション力などに長けている場合も多いですし、どうしても条件的にお見合いがしづらいので、出会ったらライバルも少なくて早く決まりやすくなります。

ポイント

養育費があっても、年収700万円以上くらいある男性であれば、養育費を差し引いても問題ない暮らしが出来ます。

子供ありきで結婚を考えない

40代に限らずですが、男性が女性に何が何でも子供を産んでほしい、と主張していたら敬遠されることになります。

子供は授かりものだと考えるほかありません。

女性は40代に入ると子供が授かるかどうかは微妙な年齢にさしかかっていて、女性だけでなく男性も不妊の原因になっている事も多いのですが、難しいのはそこだけではなく、40代で子供を持つ事で「世代ギャップ」も起こります。

40代になると同級生や元同僚など、同い年でも早くに結婚した人たちの中には、子供がもうすでに成人していたり、大学生になっている人もいるでしょう。

仮に40代で結婚をして子供も授かった場合、周りの同級生の子供の親はまだ20代だと20歳以上の年の差になります。

子供の運動会に出た時に他の親のお父さんと親子ほどの年の差があり、「おじいちゃん?おばあちゃん?」と思われるケースもあります。

今後、世代ギャップが起こる事も覚悟、結婚の条件に子供ありきで考えていると厳しくなります。

当然の事ながら、子供がいなくても幸せに結婚生活を過ごしている夫婦はたくさんいます。

結婚は「安心感」がある中で、互いを理解し合い、人間性を高めながら、充実した人生を生きていくことが醍醐味と言えるでしょう。

ポイント

40代男性が子供を考えるならそれなりの年収や貯蓄が必要というだけではなく、今後待ち受けている世代ギャップなどや体力的な事も含めて強い覚悟が必要です。

40代の結婚相談所の選び方

大手の結婚相談所は40代には不利

いわゆる大手と呼ばれるところは、データマッチング型とも呼ばれていて、データマッチングでの紹介がメインです。

データマッチングとは文字通り、お互いの希望条件によるマッチングです。

殆どの方がお相手の希望条件で外せないのが「年齢」です。

今は、20代など若いうちから婚活している人も増えてる中で、データマッチングの紹介では40代という年齢だけで不利です。

40代には、データマッチング以外の婚活がおすすめです。

40代に「仲人婚活」がおすすめの理由

大手のデータマッチングの婚活以外に、「仲人型」「仲人婚活」と呼ばれる結婚相談所があります。

仲人型結婚相談所は、個人経営も多く、一つ一つの結婚相談所としての規模は小さいところが多いですが、連盟のシステムを使う事により、全国に繋がるネットワークでお見合いを組む事が出来ます。

連盟の規模にもよりますが、一つの連盟組織で1,000カ所前後の結婚相談所の仲人さんたちで情報を交換しています。

大手では年齢などの「条件」で選ばれるという事が大前提なのですが、仲人婚活では多少条件が違っても「仲人さん同士の人脈」でお見合いに繋がる事もあるのです。

【成功の秘訣は、気づきのある婚活】

また、歳を重ねてくると、異性との交際を長らくしていない方や、率直にお相手の気持ちを聞いていいのかなどどうしていいのかわからなくなってしまいます。

そんな中、交際中の間に入って、お相手の気持ちをそれとなく聞いたりなど、仲介してくれる人の存在が重要で、うまく進みます。

仲人婚活では、仲人さんがお見合いに至る経緯や交際終了になった時などの流れも把握しています。

「こういう人がふさわしいのでは?」とアドバイスを貰えたり、個別に紹介が貰える事もあります。

まさに二人三脚で成長していける婚活です。

仲人・相談型結婚相談所を選ぶ3つのポイント

仲人型の結婚相談所も各地域に多くありますが、個人差があるのが現状です。

40代におすすめの仲人型結婚相談所の選ぶポイントは下記の3つです。

仲人型結婚相談所を選ぶポイント
  • 相談しやすい仲人さんがいるところ
  • プロフィール交換会などで個別の紹介があるところ
  • 信頼出来る連盟に加盟(出来ればIBJ以外にも加盟)しているところ

次項から詳しく見ていきましょう。

【相談しやすい仲人さんがいるところ】

結婚は1人の人とするのですが、結婚が決まるまでの過程では、断わられたり、断ったりしながら進めていく事になります。

40代の方に限らずですが、「こちらがよくても先方からお断わりがきた」「先方が望んできてくれてもこちらがちょっと・・・」といった事も起こります。

思い通りにならない事や、お相手の言動などよって傷つき落ち込みます。

でも、そんな時でも仲人さんがいる婚活であれば、寄り添い、また次のステップヘと導いてくれます。

どんな仲人さんがいるのか知りたい方は、結婚相談所TVというサイトで各地域の仲人さんのインタビュー動画が見られます。

家や職場から近い仲人さんの動画インタビューを見て、相性の合いそうな仲人さんを探してみるのがおすすめです。

【プロフィール交換会などで個別の紹介があるところ】

規模が大きいところはなかなか出来ないサービスですが、個人経営などで少人数制のところでは、相談所同士で集まって「プロフィール交換会」「資料交換会」と呼ばれる集まりを開催しています。

このプロフィール交換会では、会員システムに掲載されているプロフィール内容以外のお人柄なども伝えながら紹介しているので、会員システムでは年齢で切り捨てられてしまっていたご縁も、仲人さんの力でお見合いになる事もあるのです。

「対面」で紹介する事により、年齢以外での条件のフォローが可能になるのです。

このプロフィール交換会での仲人同士の推薦でご成婚に繋がる事はとても多いです。

仲人さん同士で紹介するサービスがあるかどうかを入会前に確認しておきましょう。

【信頼出来る連盟に加盟しているところ】

結婚相談所の連盟は、IBJが一番大きな連盟組織で会員数は一番多くなります。

一見、会員数が多ければ40代でも有利だと思われがちですが、選択肢が増える事はその分ライバルが増えてしまう事でもあります。

また、全体的な傾向としては、IBJと良縁ネットが比較的若い会員、老舗のBIUとNNRが年齢層が高めの会員が多い傾向です。

結婚相談所の連盟に加盟している結婚相談所は下記で調べる事が出来ます。

連盟への加盟は、随時加盟したり脱退したりなどの変動がありますので、下記の連盟ホームページの一覧を見たり入会時に確認していきましょう。

これらの結婚相談所を選ぶ際の注意点をさらに詳しく知りたい方はこちらの記事結婚相談所の選び方  ~おすすめのカウンセラーについても紹介~」で解説しています。

40代で結婚相談所に入って成功するために

前述してきたように、40代で結婚相談所で活動する場合には、年齢をカバー出来る推薦をしてくれる「仲人婚活」がおすすめです。

但し、仲人さんとの婚活がうまくいくかどうかは本人の人柄や努力次第で大きく変わります。

40代にもなると、これまで色々な人間関係も経験してきて、周りの結婚も同性異性問わず色々なケースも見てきています。

つい頭でっかちになりがちで、実際に経験していない事なのに、分かっているような気になってしまいます。

仕事では部下や後輩なども多くなってきて、誰かからアドバイスを受けるような機会もなくなってくる世代です。

仲人さんから、時には耳の痛い事を言わると耐えられない人も多いのです。

仲人婚活では、一人ひとりの仲人が自分の会員を責任持って、出会いのセッティングから、交際中のサポートや交際管理まで一貫して担当しています。

経験の中からのアドバイスは的を得ているものですから、素直に聞く耳を持つ姿勢が大事です。

素直さと感謝の気持ちが持てる方は婚活がうまくいく人の特徴です。

良い心掛けが良いご縁に繋がります。

40代で結婚相談所で活動をするなら、本人のスペックやルックスよりも、素直さを持つ事など本人のお人柄や考え方・捉え方が大事なのです。

まとめ

40代で結婚を考えた場合、初婚か再婚か、また地域などによっても違いがありますが、いずれにしても厳しい現実がある事も覚悟しなくてはなりません。

40代で結婚が出来る結婚相談所は、厳しい現実も伝えて良い事ばかり言いません。その方が信頼出来るところです。

40代での結婚は、結婚相談所に入会したからと言ってうまくいくとは限らないので、証明書を提出して安心出来るネット婚活や、社会人サークル、地域の婚活パーティーなど、色々とアンテナを張っておく事も大事です。

40代女性は、金銭的な余裕もある方が多いため、「高いお金を払えばうまくいくかも?」と、目先の利益を求めている大手結婚相談所にまとまったお金を支払ってしまう方も後を絶ちません。

しかしながら、入会時に高いお金を払って成婚料がないところほどその後のサポートはないと心得ましょう。

結婚相談所の料金設定には理由があるので、その理由を知り、無駄に高いお金を払う事はないようにしましょう。

【詳しくはこちら結婚相談所に安く入会する方法 ~仕組みを知って割引してもらおう~」】

年齢だけで一概に不利だとは言えないものなので、日々の生活でも、自分の価値観や人生観などをあらためて考えて見直ししていきましょう。

40代での結婚相談所での活動は、1歳でも年齢を重ねるとチャンスが狭まるなど、自分の置かれている現状をしっかりと認識して、常に今がラストチャンスだと思う事も重要で、だらだらと長く続けるものではなく、期限を決めて、「それまでに出会えた人がご縁がある人」だと思って、先送りをしない覚悟が必要です。

男性であれば国際結婚も視野に入れてみる事で希望年齢の女性との結婚や、すぐに子供にも恵まれるなどをしている方も多くいます。

ベトナムの国際結婚は特に人気でベトナム人女性との結婚に長けた結婚相談所や、具体的なプラン・料金などをまとめた記事で解説しています。

【詳しくはこちらベトナムの結婚相談所 ~日本でも国際結婚のサポートがある結婚相談所のご紹介~」】