IBJ加盟の結婚相談所などで出会ったお相手と復縁が出来るかどうか気になっている人は多いです。

結論から申し上げますと、結婚相談所でも復縁は出来ます。

さらに復縁の効果は、復縁のケース自体が多くありませんが、復縁が出来た場合はその後すんなりプロポーズとなる事も多いのです。

ただ、IBJなどの結婚相談所のシステムでは共通のルールがあり、交際終了になった場合は必ずお相手の連絡先を削除しなくてはならないため、復縁をしたい場合には担当者を通じて連絡します。

こうしたルールや心得も解説しつつ、復縁から結婚につながったケースや口コミもご紹介していきます。

結婚相談所の復縁の仕組み

結婚相談所の復縁4つのパターン

IBJなどの結婚相談所での復縁には以下の4つのパターンがあります。

  1. 【お見合い後】相手からお断りをされてしまったが、もう一度会ってみたい場合
  2. 【お見合い後】自分からお断りしたが、もう一度会ってみたい場合
  3. 【交際終了後】相手からお断りをされてしまったが、もう一度会ってみたい場合
  4. 【交際終了後】自分からお断りしたが、もう一度会ってみたい場合

それぞれ見ていきましょう

【1】お見合い後に相手からお断りをされてしまった人との復縁

お相手がまだ活動状態であれば、再度、IBJ等の結婚相談所のシステムでお申込みをする事は可能です。

お相手も迷っていたけれど、同時期にお見合いが決まって先に会ったお相手を優先した場合などには復縁のチャンスがあります。

優先したお相手とうまくいってなかった場合に復縁の成功率が高くなります。

お申込みは、IBJのシステムを使っている場合には、会員本人が自由にお申込みをする事が出来ますが、担当者にも相談し、お申込みの取次の際に一言添えて貰えるのがベストです。

再度お申込みをする場合、お見合いの直後ではなく、最低でも1か月はあけて、あと一度だけのチャンスと考えましょう。

お断りをされた相手に何度もお申込みをしてしまう事はストーカーのように思われて、警戒されます。

【2】お見合い後に自分からお断りをした人との復縁

お見合い後に自分からお断りをしてしまったけれど、やっぱりもう一度会いたいと思う事もあるでしょう。

特に、結婚相談所に入会して間もない時は、人によって入会バブルとも呼ばれるIBJのシステムを通じて沢山のお申込みがくる場合もあります。

その際、複数人の異性と短期間でお見合いをする事になります。

その時は慌ただしくお見合いをしてお断りしてしまったけれど、冷静になって思い出してみたらやっぱりもう少し会って話してみて考えたいという方も多いです。

ただ、お相手にしてみれば、一度お断りされているわけですから、次はもう断れないと思うくらいの気持ちで、軽々しく考えずに覚悟を決めてのぞみましょう

この場合にも担当者に相談し、お相手の相談所にも一言添えてお申込みの取次をして貰うと良いでしょう。

【3】交際終了後に相手からお断りをされてしまった人との復縁

交際終了後の復縁は、お見合い後何回くらい会っているかが重要になってきます。

お見合い後まだ数回お会いしただけの早い段階であれば、同時並行をしながら迷っていて、やむなく他の人に絞ったという可能性も高く、相手の状況次第で復縁もしやすくなります。

一方、お見合い後5回以上のデート、期間にして1カ月半以上になっていた段階の交際終了は、ある程度お互いを見極めた上での交際終了でしょうから、難易度も高くなります。

ただ、そこまで真剣に向き合った2人なので、何かしらの問題点があってお断りになったはずです。

その問題点がクリア出来れば一気に復縁してご成婚、となる場合ももあり得ます。

【4】交際終了後に自分からお断りをした人との復縁

交際終了後の復縁は、自分と相手、どちらがお断りをした場合でも基本的に同じです。

先述したようにお見合い後からどのくらい頻度で会っていたか?によって違ってきます。

ただ、いずれにしても必ず、担当者にまず相談をして、勝手に動いてはいけません

結婚相談所での婚活は、お金をかけてでも効率良く出会って結婚をするためのサービスです。

さらに結婚相談所のシステムの中でもIBJは会員数も一番多く、動きも活発です。

そのため、お相手は交際が終了した時点で、すでに他の出会いに向けて動いているはずで、交際も「真剣交際」のステータスでなければ同時並行で他にお会いしていたりお見合いをしている可能性も高いのです。

【詳しくはこちらIBJの真剣交際とは? ~仮交際や交際期間についても解説~」】

仮交際、真剣交際に関わらず、一度交際が終了した人と復縁は、お相手の活動を邪魔したりかき乱す事にもなり得ます。

さらに、双方の担当者も巻き込んでしまう事になりかねません。

結婚相談所の復縁はよく考えて、お相手の貴重な時間も無駄にしないよう、日頃から一つ一つのお見合いや交際は慎重に進めていきましょう。

復縁の連絡

IBJなどの結婚相談所では、交際が終了したあとはお互いの連絡先を削除するルールになっています。

最近ではLINEでのやり取りをしている方も多いでしょうからLINEの場合はブロックをする事になり、交際終了後に当人同士で連絡を取る事は厳禁で、復縁がしたい場合には必ず所属の担当者を通じた連絡をします。

しかし、中には結婚相談所に内緒で直接連絡を取ってしまう人もいます。

「登録していない電話番号から電話がかかってきた」「ショートメールがきた」という事もあり、これは、連絡先を削除しても電話番号の着信拒否の設定までしていない人も多いためで、交際を終了した人から連絡がきてしまう事もあります。

【交際終了した人から連絡がきた場合】

もし交際が終了したお相手から連絡がきた場合には直接返事をせずに必ず所属の相談所に相談をしましょう。

【交際終了した人に連絡をしてしまった場合】

交際終了後には連絡先の削除がルールなので、もし勝手に連絡をとってしまった場合にはルール違反として退会させられてしまう事にもなりかねません。

相談所間の信頼関係もありますから、必ず正直に話して、相談所間で連絡を取って貰えるようにしましょう。

復縁から結婚になったケース

結婚相談所の復縁で見事結婚になったケースをお見合い後と交際後の復縁のそれぞれのケースをご紹介します、

交際終了直後の連絡で結婚

【復縁の経緯】

お互いの趣味も合って、家も近かった2人の交際はデートもしやすく順調だったのですが、ただ楽しくデートをするだけで男性の気持ちがよくわからず、将来が見えてこないという理由で女性から断りました。

結婚も見据えて会っていた男性にとっては青天の霹靂で、慌てて結婚相談所を通じて復縁の申し出をしたところ、女性はそこまで考えてくれていたんだ、と感激し、その後間もなくプロポーズとなりました。

結婚相談所での交際は、交際と言えどプラトニックな交際です。

IBJの交際ルールでも性交渉があった場合には成婚と見なして退会、といった禁止事項もあるため、交際に入ってもお友達ような付き合いが続くので気持ちがわかりづらいのはあります。

気持ちがわかりづらいと女性のほうがしびれを切らして交際終了にしてしまう、といった傾向はあります。

性交渉などは禁止でも、ある程度の時期がきたら男性から気持ちを告白するといった愛情表現はしておきましょう。

このケースのように見事復縁となれば良いのですが、タイミングを逃してお断りになり、うまくいかなくなる事は多いので、日頃から簡単でも良いので交際状況を担当者に報告し、お相手の担当者と連携を取って貰えるようにしておくのがおすすめです。

お見合い後お断りしたお相手から2か月後の連絡で結婚

【復縁の経緯】

入会したての30歳の女性は、同時期に複数のお見合いが決まり、日程調整で先にお会いしていた男性を優先したのですが、お見合いをした中で気になっていた男性から2か月後のアプローチで復縁となりました。

お見合いから2か月後と言えばうまくいっていればそろそろIBJのシステムで真剣交際マーク(ハートマーク)がついても良い頃です。

IBJなどの結婚相談所のシステムではお見合いをした相手のプロフィールも見られるので、お相手にまだ真剣交際マーク(ハートマーク)がついていないのであれば、担当者を通じて状況を聞いてみるのも手です。

男性の担当者から状況確認の連絡を貰った時はまさにお見合いして交際していた相手と交際終了になり、仕切り直しの時で、2か月前のお見合いで気になってたお相手からのオファーはまさにグッドタイミングでした。

再度お見合いをして交際、すぐにも真剣交際になり、1か月程度で無事プロポーズとなりました。

どちらのケースも男性からの復縁の申し込みで、女性は男性から追われる事でその気になる人も多いと言えるでしょう。

女性の場合もどうしても気になっている相手がいるのなら、ダメ元で復縁の申し出をしてみても良いのかもしれません。

結婚相談所では交際になるまでは直接当人同士でのやり取りは出来ませんから、復縁の申し出も担当者が代行してくれます。

結婚相談所の復縁に関する体験談

お見合いをしてお断りした相手にまた会いたい

上記の口コミのように所属の結婚相談所のアドバイザーにお願いをして(筋を通して)再会する事は問題ありません。

ただ、すでに一度お断りをしているお相手と再会して再度お断りをする事になるのは、お相手の女性にとっては同じ人から2回も断られる事にもなり、ショックは大きくなるでしょう。

次はもう断れないと思うくらいの気持ちで、復縁(再会)を希望するのなら良いですが、安易な気持ちでは傷つく人も多いので注意しましょう。

5回会って断られてしまった人と復縁したい

【男性の口コミ】

  • 結婚相談所で紹介された人と5回会ったものの断りの連絡があった
  • 理由は聞いていないが、今となっては思い当たる点がある
  • 接し方の技術的なものだったらもったいないと思っている

教えてgoo」を要約

上記の口コミも所属の結婚相談所に相談をし、復縁(再会)を希望する事も出来ると思いますが、ただ、結婚相談所での出会いで5回も会ってお断りとなると見込みが少ないのが現実です。

結婚相談所では、早い人ではお見合い後5回目くらいでプロポーズとなる人もいるのです。

結婚相談所での出会いや交際は、結婚をしたいという前提の元で活動している男女で、お見合いで会えるという人は既にお互いの希望条件が合っているため、あとはフィーリングが合えば決まるのも早いのです。

ある程度の勢いも大事ですから、今回の気づきを別の人で生かしていくのが賢明と言えるでしょう。

まとめ

IBJなどの結婚相談所で活動は、所属の相談所の担当者を通して、お相手の気持ちを知ることが出来るという事が最大のメリットと言えます。

お見合いや交際でお断りがきて復縁がしたい場合だけでなく、それぞれの段階で、どう進めていくと良いのかを担当者と相談していく事が出来るので、担当者との相性は大事です。

一つ一つの出会いを把握し、時には終了した相手の復縁の相談にものってくれるようなサポートは、結婚相談所の料金の違いにもつながっています。

お見合い料や成婚料があるかないかの違い、相場や内訳なども詳しく解説した記事も参考にしていきましょう。

【詳しくはこちら結婚相談所の料金をサービスの違いごとに徹底解説」】